リアル書店員の婚活

本を愛し、アイドルを愛しながら書店員として働き ひとりで生きてくものとばかり思っていた私が、 婚活を開始して戸惑い立ち向かうブログです!

タグ:ショック

婚活での面接で二人続けて罵詈雑言を受けてしまうとは、私は相当ダメな女なのか・・・。いえ、もう最低なダメ女のレッテルを幾重に貼られてもかまいません。もう帰りたい・・・・・・!!永遠に感じるほど続くマキさんの激おこぷんぷん丸的なモードでのお言葉が続いてしまったため、こ

結婚のチャンスというものは平等にはやった来ないので、チャンスの順番を待ちながらもアンテナを張り巡らせながら逃さないようにしましょう。と、いうことはわかっていますが今回の機会でありチャンスは見逃さなくてはなりません・・・。注文した紅茶とコーヒーがきて私は少しだ

「僕は本当に結婚したいんだ」そう単刀直入に切り出したマキさんにパンケーキを口元に運ぶ手を止め、ココアで喉を潤して向き直しました。「今年中にできればいいと思ってる」「結婚は無理だとしても少しでも話を前進させたいんだ」突然といっては申し訳ないのですが一方的に

恋も二度目なら少しは上手に愛のメッセージ伝えたい・・・という、セカンド・ラブの歌詞をすんなり思い浮かべられる私はギリギリの昭和生まれであります。恋も二度目なら・・・美しいのですがフェードアウトが二度目になっても美しさも儚さ切なさも感じさせず、ただ落ち込むのみにな

婚活熱を更にアップさせた私は当たって砕けろをモットーにして様々な方と連絡をとりました。連日遅くまでサイトに入り浸って申し込みを受け連絡先を交換したりプロフィールの充実を考えたり・・・。そんな中でもケイさんからは変わらず週に一回もしくは3回程度のラインが思い出

↑このページのトップヘ