リアル書店員の婚活

本を愛し、アイドルを愛しながら書店員として働き ひとりで生きてくものとばかり思っていた私が、 婚活を開始して戸惑い立ち向かうブログです!

タグ:アラサー

婚活イベントは成果なく終わり、ほぼ友達ヨッシーのインパクトと自分のことを棚にあげたような好き勝手な理想像を描いただけのようなものになりましたが・・・。婚活という出会いを求めるものはネット婚活や様々な方法を探して日々、なにかと頑張っています。書店で働く本の虫で

相手に求める条件についてもヨッシーと話をしました。私は経験値が不足していため絶対に譲れないものはなくただ、一方的な行動をされたり押し付けられることは嫌だなと思いはする程度なのですが・・・。「私は絶対にイケメンで高身長!それに収入が一定以上の人!」さすがにヨッ

さすがにそれはダメじゃない?ラインを交換したもののすぐにブロックして消去してしまった友達であるヨッシー。交換して半時間もたっていない別になにか失礼なことをしたわけでもなさそうな相手を、ブロックして消去までするのはさすがにそれはダメじゃない?焼き肉のお店に

イベントも終了間際の頃に背後にやってきた男性。友達のヨッシーと大玉を転がしなかなかの必死そうな顔をして活躍を見せていた中肉中背で普通を絵に描いたあの男性。これは間違いなくヨッシー狙い。だがしかし、この流れでいうと声をかけずに終わったほうが男性の身のための

婚活イベントに初参加をした運動会では恋の花は咲かずとも愛する婚活仲間で友達ヨッシーのイケメン好きさを再確認できた楽しい1日になりました。そんなイケメン好きヨッシーはたぶんイベント1の注目株、二十歳の若きイケメンくんに当然のように熱を出してました。とはいえ

↑このページのトップヘ