リアル書店員の婚活

本を愛し、アイドルを愛しながら書店員として働き ひとりで生きてくものとばかり思っていた私が、 婚活を開始して戸惑い立ち向かうブログです!

カテゴリ: 近距離ながら受難!

マニュアル通りの脈なしサインに心を砕かれそうになりながら、一方的に追い詰めるほど食い付き面接にこぎ着けようとしてみた恋愛初心者の私に一縷の希望が・・・。水曜日なら大丈夫だという返信に脈なしマニュアル回答を一瞬忘れ実際にお会いできるチャンスを手にできそうなこと

テキスト的な脈なしな返信を受けさすがに冷めればよかったなと今では思っているのですが、この時に感じたことは別でして・・・。いったいこの人なに目的なんだろう?と、いう好奇心でありました。自他共に認めるコミュ障であり、メンタルもかなり弱い私でありますが好奇心という

毎日のようにやってくるラインに少しだけウキウキしながら返信する受け身の私が自分から話題をふる・・・。しかも、会いたい旨を伝えるライン。返信がなかったらどうしようか。どういう流れで言い出したらいいか。はっきりしないよりはいいのか・・・。あれこれと考えはしたものの

少しだけ疲れていました。前向きになろうとしてみたもののなれないときはなれないもので、何かを変えなければこのまま私はよろしくない女のままなのでは。などと、言い訳をしてしまいましたがケイさんに会ってみたい気持ちは、踏ん切りをつけたい気持ちとも同じようなもので

ラインは毎日のように頻繁にきて生活スタイルや休日の過ごし方、次の休みがいつなどという会話もなんどもやり取りしているのに進展する様子がいっさいなし・・・。もちろん、そういう方との連絡をぐだぐだ続けていくことが最適とはいえないことは知っています。ですが、最初の婚

↑このページのトップヘ