リアル書店員の婚活

本を愛し、アイドルを愛しながら書店員として働き ひとりで生きてくものとばかり思っていた私が、 婚活を開始して戸惑い立ち向かうブログです!

カテゴリ: 近距離ながら受難!

誰よりも先を行きたいのか、時代の最先端にいらっしゃるのか私には理解できないほどの速さで人混みをかき分けて突き進み続けるケイさんを必死に追う私・・・。どんなことも経験になる!と、トライしてみたデートでしたが出鼻からあまりにハードすぎて、クリアは困難なように思え

待ち合わせの時間の少し前にケイさんから着いたという旨の待ちに待ったラインが届いた瞬間私の心拍数はえげつないほど上昇。若干体調不良になりかけながらも周囲を高速で見回しました・・・。ついに、ついにお会いできる。ハリウッドスター並みに忙しい。何か裏事情がありそうな

どうやら脈なし100%のうえに分刻みのスケジュールの都合上お会いできるのは30分らしいです。ここまでの脈なし行動をされてもケイさんに会ってみたいと思い行動に移してしまった理由は、消えかけていてもチャンスだと思い連絡を取れる関係にあるのなら一度は直接会ってみ

しばらく荒れた婚活weekを過ごすこととなってしまいました。面接をドタキャンした後ながらケイさんは変わらずラインでの連絡は不規則に送ってきたり、性根腐ってる感を漂わせる行動をがっつり示してきたのですが、私はというと煮え切らない状況。仕事だけは私を裏切らないの

マニュアル通りの脈なし回答が私をなぜか熱くしたのですが、まさか脈なし行動不動のナンバー1ドタキャンをされるなんて・・・。ケイさんは仕事の都合で忙しくなりどうしても時間がとれなくなったと、ラインで説明してくれました。あやうく家を出るところだったのでその前に気付

↑このページのトップヘ