リアル書店員の婚活

本を愛し、アイドルを愛しながら書店員として働き ひとりで生きてくものとばかり思っていた私が、 婚活を開始して戸惑い立ち向かうブログです!

カテゴリ: 運命を感じて・・・!

初めて聞く彼の声は少し高めながらそれでも聞き取りやすい声で、私の残念なほど滑舌が悪すぎる低い声でお応えするのは申し訳ない・・・。なんとおこがましいことだろうかと思いながらも到着した旨を伝えると彼からは「今から出てくるね」という心臓を撃ち抜くような言葉をいただ

何度もバックに手を差し込んでみても大きく開いて中身を見てみても、バックの中にスマホはいません・・・。連絡手段であるスマホを忘れるなど人生でこれまでやってしまったいくつもの失敗の中でも上位に入る取り返しのつかない失敗です。家に走って取りに行くしかない!だけどそ

デート当日はこれまで繰り返したメイクの練習の成果をみせるためいつもより時間をかけての準備です!彼は前日にこちらの方に着いていて親戚の方の家に宿泊しているらしく、窓からそっと入ってくるそよ風からも彼の気配が伝わってくる気がしました。濃くならないように細心の

人生で初めてのデートということで、洋服を5着ほど買いました・・・。なにを考えたんだろうと思うのですが初デートハイというものでしょうか・・・。クライマーズ・ハイを読んだときにこちらまでつられて息が上がってしまい迫ってくるようなあの鬼気迫る感覚・・・。クライマーでもな

婚活をしていることを家族にはずっと話せないままで今現在もいます。婚活をしているなんていうことを家族に打ち明けることが単純に話しにくい感じがしていて・・・。私は今でも実家で暮らしているのですが、家族仲もそんなに悪くはないですし会話やコミュニケーションもあります

↑このページのトップヘ