婚活イベントに初参加をした
運動会では恋の花は咲かずとも
愛する婚活仲間で友達ヨッシーの
イケメン好きさを再確認できた
楽しい1日になりました。


そんなイケメン好きヨッシーは
たぶんイベント1の注目株、
二十歳の若きイケメンくんに
当然のように熱を出してました。


とはいえ、さすがに10歳差。
どう足掻こうとも相手にされず
連絡先交換にも結び付かずに、
ヨッシーも若干の焦りぎみ。


二人三脚というビッグチャンスに
収穫なしで終わったということは
チャンスは巡ってこないだろうと
諦めそうなところなのですが、
彼女はすぐには諦めません。


まだ大玉転がしがある!!


彼女にとっては最後のチャンス。
これを逃すわけにはいかない!


そう意気込んではいたものの、
残念ながらイケメンくんの方は
恋の大玉転がしにエントリーせず
今回は空振りに終りました・・・。


落ち込むヨッシーのお相手は
中肉中背の普通を絵に描いた
朗らかな男性がやって来て、
テンションが落ちたことは
私の目には見えましたが、
ヨッシーも一人の大人のため
作り笑顔は振り撒いてました。


お疲れ様、ヨッシー。
今日はお疲れ様会をしよう。
肉とか食べに行こうか・・・。


ヨッシーの勇姿を見守る私は
運動会後のことを考えて、
不服そうな顔をした大玉転がしは
運動神経抜群な彼女の活躍もあり
なかなかの順位で終りました。


飛び散る汗も爽やかなヨッシーは
私が待つ場所に戻ってくるなり、
かなりご立腹なご様子で・・・


「若いと見る目がない!」


と、愚痴はこぼしてきました。
なんでも競技が終わったあとに
イケメンくんを見つけたヨッシーは
「ありがとうございました」と、
二人三脚でのお礼を伝えたものの
全く相手にされずに受け流され、
眼中になかったそうです・・・。


仕方ないよ、ヨッシー。
二十歳からすると三十路よりも
熟成味噌の方が価値あるんだよ。


プンスカと表現できる顔をした
ヨッシーではありましたが、
さすがに理解はしていた様子で
すぐにいつものさばさばモードで
冗談混じりに振り返ってました。


彼女のいいところはこういう
さっぱり次に行けるところ。
そして、笑い話にできるところ。


彼女の強さに学ぶべきことを
見つけながら話していると、
いつの間にか後ろにやって来た
男性から声をかけられました。


確認するとヨッシーと共に
大玉を転がしていた男性でした。