二十歳で婚活イベントに参加して
爽やかな笑顔を振り撒きながら
当然のように取り巻きを増やす
もはや噂のイケメン状態の彼。


いかにも好青年なイケメンくんは
どういう成り行きで婚活イベントに
参加することになったのか・・・。


私の予想としては職場の先輩から
駆り出された客寄せパンダ的な
存在かと思ったりしましたが、
振り撒く笑顔が眩しすぎるため
疑念を抱いている自分の方が
間違っている気持ちになります。


とはいえ、二人三脚にて奇跡的に
接点が持てたことは良いとして、
二十歳に三十路がどうやって
立ち向かい勝算が見込めるのか
聞いてみたいところですが・・・。


ヨッシーが熱を帯びた表情のまま
イケメンくんを見つめている中、
私は乗り気も起きないままで
綱引きに参加するためまた移動。
そろそろ疲れが見え始めた中盤
少しだけメイクもお直しです。


綱引きはただの綱引きです。
男女が向かい合ったりしながら
一本の綱をがっつりと握りしめて
本気を出して踏ん張って引く!
ガチになりがちな綱引きです。


私の前には坊主頭が爽やかで
筋骨隆々といった感じの男性が
爽やかにやって来たのですが、
その方はすでにお目当ての方が
決まっているような感があって
応援の声に手を振り応じてました。


婚活イベントで婚活する前に
場外へ退場に追いやられましたが
そんなことは仕方ありません。
ハヤサカさんという検討違いの
男性とお話をさせていただいた
だけでも収穫というものです・・・。


この頃となるとこの男性以外にも
お目当ての方が決まった感がある
方々が男女問わずけっこういました。


婚活イベントというものはなかなか
素早い行動が勝敗を決めるのだと
今回は学ぶことができたものの、
もともとトロくてコミュ障で
めぼしい対象が決まっていない私は
行動するにも前段階が必要そう・・・。


綱引きではガチになりすぎて
日常ではまずでないような
お腹のそこあたりからの声が
だんだんうめき声に変わって、
勝敗でいうと・・・負けました。


婚活でも綱引きでも負けた私は
残すところの期待をヨッシーに
全て捧げることにしましたが、
ヨッシーお目当てのイケメンくんは
若い子たちに取り囲まれていて、
勝敗はやはり見えていそう・・・。


初めての婚活イベントなので
色々な方に直接お会いできて、
雰囲気を知ることができたのは
私にとって大きな収穫でした。


もう終わったモードに突入した
私に反してヨッシーはというと
まだ終わっていませんでした・・・。


この婚活イベントは出会いより
長い付き合いである友達の
衝撃的なハンティングモードに
驚かされた大きかったです。