恋も二度目なら少しは上手に
愛のメッセージ伝えたい・・・


という、セカンド・ラブの歌詞を
すんなり思い浮かべられる私は
ギリギリの昭和生まれであります。


恋も二度目なら・・・美しいのですが
フェードアウトが二度目になっても
美しさも儚さ切なさも感じさせず、
ただ落ち込むのみになります。
愛のメッセージの伝え方は
いまだに手探りでありますし・・・。


お土産のリクエストを聞けたときは
少なからず期待もしていたため、
懲りずに攻め込んだ私の敗北であり
戦略ミスが多々あったのでしょうが、
お互いの職場がかなり近距離ながら
約半年近くで一度(30分)だけしか
会えなかったのがそもそも出ていた
ケイさんの答えだったんですよね・・・。


婚活を開始して面接にこぎ着けて
毎日のように連絡を取り合える
異性と出会うことかできたこと、
そこで学べたことは大きいのですが
わかりきっていた答えだとしても
連絡を絶たれるのはやはりつらい。


立ち止まりそうな気持ちでしたが、
日々の大好きな本と向き合いながら
万が一、なにかに傷つけられても
本の世界にはめまいがしそうなほど
甘くてきらびやかな恋愛があり、
私を拒否することもないのだと考え
頑張ろうと奮い立たせました。


年齢制限は元々ゆるかったのですが
範囲を広げて50歳までをOKに。
婚歴についても初婚の方希望から
こだわることをやめることに。
やけになったというよりは、
私には経験が浅すぎると思い
視野を広げてみることを重視。


結果としては以前よりも多くの方から
申し込みを受けることができたので、
視野を広げてみる機会になりそうだと
私は仕事と自分磨きの時間を死守しつつ
毎日いくつもの連絡を交換することに。


あまりに人数が多くなってしまうと
直前の内容を間違えてしまいそうで
思わぬ苦労をすることに・・・。
それでも、充実を感じられたので
必死になって毎晩ネット婚活・・・。


フェードアウトも二度目なら
少しは上手に次の段階に進みたい。


直接会うことが目標でしたが、
もう、うじうじしてられません。
直接会うことにプラスして
二度目のあわよくば三度目の
デートにもっていくこと!


一度だけ会っただけではお互いに
全体的にはわかりませんし、
私は緊張と臆病風で大変なので
心に余裕がもてるかもしれない
その後に進んでみたいです・・・。


婚活について次なる目標を掲げた私は
二度目のフェードアウトにも屈せず
意欲的に活動を加速させました。