どんな作家さんが好きなの?


私にとっての難題がやって来ました・・・。


メールのやり取りでは他愛ない風に
その時に読んでいた作家さんの名前を
話してどうにか切り抜けましたが、
実際に目の前にいらっしゃる状態で
会話も途絶え途絶えとはいかない
状態では会話として成り立たないと
これはいけないのではないか・・・。


ここでサイコパスホラーが好きで
最近は我孫子竹丸さんの殺戮にいたる病を
改めて読み始めたところなんです!
サイコパスホラーの要素はあっても、
殺戮にいたる病はミステリーカテゴリで
名作といわれている作品なんですよ!


などと言ってもいいものでしょうか・・・?


「殺戮にいたる病」はとても有名な作品で
小説を読む方なら内容もある程度は
お分かりいただけるかと思いますが、
前知識なしでタイトルだけ聞いてしまったら
その時点でご遠慮されてしまいそう・・・。


やはりこのタイトルは今回は避けよう。
会話として成り立たせる必要があるし
まずは切り抜けることに重きを置こう。


「ミステリー物を読むことが多いです」

「どんでん返しがあると面白くて・・・」


嬉々としてとまでは話せなくても、
なんとか無難に切り抜けました。


彼の好きなミステリー作家さんの話に
どうにか転換できたこともあり、
カフェでは少しだけ会話ができたので
私の底無しの緊張も少しとけました。


少しずつですが人生初デートという
現実味がわいてこない環境下のもとで
誰かと距離感を近くも遠くもせずに
歩くということは素敵なことだなと
感じられる余裕もでてくるほど。


予定していた映画館とは場所をかえて
移動した先から近かった映画館まで
歩きながら移動することになり、
歩くペースを気遣ってくださったり
話題を提供してくださったりと、
彼は本当にイメージのままの爽やかさ・・・。


登場には驚かしてくれた彼でしたが
どうやら安心できそうな方だなと
恋愛初心者としては感じられました。