突如、目の前に停まった黒いバン。


運転席側から声をかけてきてくれる
写真の面影そのままの爽やかな男性。


事態が把握できずに取り残されてしまう
コミュ障で人生初デートの三十路女。


こんな構図になってしまいましたが、
私は笑顔をつくることもすっかり忘れて
初対面なので会話もうまく出来ないので
主要な質問だけをしようとしたところ・・・


「車で来たから少しドライブしない?」


思っていたよりも自由な方のようだ・・・。


車よりも電車だったりバスだったり、
公共の交通手段を利用する私にとって
車に乗ることは=駐車場探しが面倒。
渋滞に巻き込まれるから面倒。
免許なんて身分証明書。
的な位置付けにあるため斜め上発想です。


確かに、遠方から来てくれた彼が車で
来ているかもしれないということは
なんとなく思ってはいましたが・・・。
その計画はなかったので突然のことに驚き
全身で戸惑っていることに気づいたのか
彼は穏やかに微笑んで・・・


「緊張しちゃってるの?」


と、若干的はずれなことを聞いてきました。


いやいやいや。

いくらデート初心者とはいえ、
初対面の人の車に乗るなんてことが
ご法度だということは知っているぞ!

犯罪にでも巻き込まれたらどうしよう!

しかもなんで大きめの黒のバン?


警戒心だけが強く強くなっていきましたが
ここで立ち止まっている今のままでは
ダメだということはわかりましたし、
なによりその周辺で駐車場を探して
停めるまで一時間はかかる場所だったので
その場に立ち止まるのもいけません。


それまでのパニックがあったりしたので
冷静な判断ができなかった私はそのまま
彼にお礼を伝えて車に乗り込みました。



※結果から言うと、私は犯罪に巻き込まれず
デートというものができたのですが、
とてもリスクがあることでもあるので
初対面で車に乗ることはおすすめしません。
女性のみなさんは気を付けてくださいね。