サイコパスホラーが好きだという事実を
必死にひた隠しながら婚活という名の
一種の戦場を戦っている私ですが、
婚活中の質問に怯えることが
実は他にもまだまだあります。


その1つが・・・。


好きな音楽はなんですか?
好きな歌手とかっていますか?



関係がまったく進行していない状態の
出会って会話の糸口がないときには
70%ほどの確率で登場するであろう
ポピュラーすぎる共通の話題探しの質問。


ですが、これにも私はやっぱり
戦々恐々ろしてしまいます・・・。


私、欅坂46が大好きなんです。。。


CDを数枚、購入している程度なのですが、
本当に彼女たちの楽曲が好きでして・・・。
移動中やウォーキング中にも聴いています。


いえ、それこそ本当に好きだということに
なんの後ろめたさだって存在しません。
大好きで普段聴いているくらいのことで
世の中の誰にも不快な思いなどさせず、
私は私として日常を送れています。


ただ、ただです・・・。


成人して30も越えたいい大人の私が、
初対面や関係性のできていない状態で
好きな音楽に対しての質問に笑顔で


欅坂46です!


と、返答したらどうなるでしょう・・・。


欅坂46って中高生が聴くんじゃない?
30歳でアイドルオタの女ってどうなの?


本当に、本当にそんな顔をされます。
欅坂46など女性アイドルではなくて
男性アイドルが好きだと言っても
そんな顔をされた友人もいます・・・。


なにが好きでもいいと思います!
質問の答えに対して思ったものと違い
なにか思うことがあったとしても、
なにが好きでも迷惑かけないでしょ!?


そんな風に私は思って過ごしていますが、
やはりそんな心持ちでいてくれる男性は
あまりいないのかもしれません・・・。


いえ、これが関係が安定してお互いが
好きだということになったとしたら、
好きな相手がなにが好きでも気にならない!
そう思えるものなのでしょうが、
初対面ではやっぱり言えません・・・。


婚活をしているからといって好きなことを
変えなければならないとは考えてませんが、
婚活というのは時に嘘も方便なんだと
この問題にぶつかる度に感じます・・・。