リアル書店員の婚活

本を愛し、アイドルを愛しながら書店員として働き ひとりで生きてくものとばかり思っていた私が、 婚活を開始して戸惑い立ち向かうブログです!

アーカイブ:2018年05月

二十歳で婚活イベントに参加して爽やかな笑顔を振り撒きながら当然のように取り巻きを増やすもはや噂のイケメン状態の彼。いかにも好青年なイケメンくんはどういう成り行きで婚活イベントに参加することになったのか・・・。私の予想としては職場の先輩から駆り出された客寄せパ

お目当てのイケメンくんとの二人三脚を無事に終えたのか友達のヨッシーは肌艶をよくして弾みながら帰ってきました。おかえり。楽しそうだったね。いい顔しててよかったよ。と、迎えようとする私を制して・・・「あの彼!良いと思わない!?」と、異様なテンションで報告。確かに

イケメンを見つけて意気揚々と二人三脚で体のふれ合いを求め競技に参加することとなったヨッシーの婚活を見守ることに。ヨッシーは30歳より若くみえてさばさばはしていて笑顔で明るく友達を作る天才でもあるため、いつも休みは賑やかに過ごしていて男性にも好まれるタイプで

婚活イベント中に声をかけられて話してみると私の友達目的だったと、いう残念なハプニングの中・・・。自分が勘違いをしたからといってハヤサカさんの申し出を払いのけて立ち去るほどの大人げなさはないのでひとまずヨッシーに話してみることに。ハヤサカさんには「話してみます

ただならぬ「一緒に玉入れ」をどうにか無事に終えた私は、移動しながらお礼を伝えるとハヤサカさんは全くできていない私を攻めることさえせずに「ナイスプレーでした!お疲れ!」と、プレーを労ってくれました。さすがに、「ナイス玉拾い!」など、言えるはずもないため「あ

↑このページのトップヘ