結婚のチャンスというものは
平等にはやった来ないので、
チャンスの順番を待ちながらも
アンテナを張り巡らせながら
逃さないようにしましょう。


と、いうことはわかっていますが
今回の機会でありチャンスは
見逃さなくてはなりません・・・。


注文した紅茶とコーヒーがきて
私は少しだけ姿勢を正しました。
返事についてお話ししたいと伝え
考えを整理しながら話しました。


結婚について真剣に考えたこと。
気持ちに対して感謝していること。
嬉しかったことも傷ついたことも
感じたままのことを全部・・・。


「真剣に考えてみたのですが
マキさんとはお付き合いできません」


ごめんなさい。で、締め括るまで
黙ってただ聞いてくださっていた
マキさんはコーヒーを置くと、
冷静にですが少しトゲを含ませて
語り始め徐々にエスカレートし、
最後には攻撃的になりました。


では、以降罵詈雑言すれすれの
マキさんのお言葉をどうぞ・・・。



「結婚したいんじゃないの?」


「今まで結婚できていないのは
なにか問題があるからでしょ?」


「そんなリアルじゃない理想で
実際に結婚なんてできると思う?」


「永遠に独身だと思うね」


「だいたい、そもそもなんだけど
顔が気に入らないんだよね」


「いつもヘラヘラ笑っててさ」


「真面目に考えてるの?
それで社会人やってるの?」


「ていうか、人の話を聞いてる?」


「平和ボケしているとそういう面も
欠落していくんじゃない?」


「そんなに学もないのに
高望みしているんじゃないの?」


「永遠に独身だろうね!」


・・・・・・・・・。


「永遠に独身」宣告を2回も受け
さすがの私もグロッキーというより
回復不能な状態になりましたが、
サワさんのこともあったため
若干ダメージは緩和しました・・・。


ヘラヘラ笑ってるだなんて言われても
仏頂面されたいの?と思ったり、
上司よりすごい説教というものを
目の前の一時は結婚さえ考えた
男性から浴びせられようとは・・・。


この人、ガムテープ男でありながら
最悪のモラハラ男なんじゃない?


精神的な大ダメージを受けて
この面接と関係が終わるなら
受けてたってやる!という思いで
時間が経つのを待っていました。